NEWS

2017/4/23
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に当農園の綿をご採用頂きました。

2016/7/2
店名が新しくなりました。

2016/5/31
連絡用メールアドレスが新しくなりました。

2014/5/14
IBS茨城放送「HAPPYパンチ!」に出演しました。

2012/2/27
Google+、facebookに対応しました。

2011/5/7
webサイトをオープンしました。


当店webサイトはリンクフリーです!

ヤーコンの苗(地下茎の芽)

 

はじめに

料理が簡単で“美味しい”ヤーコンを栽培してみませんか??
野菜なのに甘くシャキシャキとした梨に近い食感…これはまるでフルーツ!?新感覚の健康野菜として注目が高まっています!
ヤーコンは野菜としては、「フラクトオリゴ糖」を多く含む根塊の料理とともに、葉も煎じてハーブティーとして飲まれています。

・ヤーコンはキク科の多年草。
・北米原産で、成長すると草丈は1m程になります。

ヤーコンについてもっと詳しく! ウィキペディア該当ページへ

 

ヤーコンの食べ方

味は梨+レンコンのような甘さ、シャキシャキした食感。

このフルーツのような食感と甘みを生かした調理が生きます。

煮物、炒め物、揚げ物、漬物など食べ方はいろいろ!ヤーコンサラダやヤーコンきんぴらは砂糖なしでも簡単に楽しめます。

ヤーコン料理についてもっと詳しく! COOK PADの投稿レシピへ

商品紹介

・春植えのヤーコンの苗は年明け頃から予約受付開始予定です。
・数量限定のためお早目のご予約をおススメ致します!
【出荷時期】3月上旬〜中旬

 

種苗(地下茎の芽)の販売

在庫状況
@ヤーコンの苗

商品記号
[YK−1]


◆20個単位=3,600円(20〜49個@180円)
◆50個単位=8,500円(50個以上@170円)
売切れ

20個なら12m程度の畝1本が植付け目安です。

商品は芋の株元にできる地下茎の芽で、これを畑または育苗ポットに定植します。生育した幼苗の状態ではありませんのでご注意ください。

 

芋の収穫は11月中旬〜3月頃です。

 

ヤーコンは地下茎から出る芽を切取って定植します。
商品は右の写真の状態のもので、これをおが屑にまぶして発送します。

 

当農園ではヤーコンのほか、アピオスや菊芋など高栄養価で注目度が上がっている種芋も販売しています。ぜひ覗いてみてください!
アピオスの紹介ページへ
菊芋の紹介ページへ

ご注文&ご予約

生育&発送サイクル

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

発送時期

(植付・移植適期)

生育状況   発芽・伸長 花期 地下茎肥大 根菜の収穫  
予約 ご予約は年明け頃から承ります

植付適期は3月〜5月、商品発送は3月上旬〜中旬です。

 

ご注文・ご予約は以下のフォームに内容を記入し、メールまたはFAXにてお送りください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【ヤーコンの苗(地下茎の芽)を注文/予約します】

■ご氏名:

■郵便番号:

■住所:

■電話番号:
(郵便局から代引き配送時に連絡が行きます)

■メールアドレス:

■種苗名:(例:@ヤーコンの芽)

■商品記号:(例:YK−1)

■数量:(例:20個)

■品代総額:(例:3,600円)

■連絡事項:

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メール info@tane4u.com

ご注文内容を確認後、代金引換金額(商品代金、配送料、代引手数料)をメールでご連絡致します。

 

FAX(専用) 0296-48-8355

受付時間:8:00〜18:00まで/夜間送信はご遠慮願います。

 

お支払い、配送について

・お住まいの地域までの配送料(600円〜)がかかります。
・お支払いは基本「郵便局の代金引換サービス」です。代金引換手数料(250円)がかかります。
・郵便振替(振込)でのお支払いを希望の方は、ご注文時にメールでお申し出ください。お振込確認後、通常の「ゆうパック」にて商品発送致します。※そのため商品到着までお時間はかかります。

栽培方法

ヤーコンはお手入れが簡単で育てやすいことも人気の理由です。4種類の抗菌物質を持っているので害虫に強く、周囲の雑草までもその生長を抑制してしまう性質から、無農薬栽培にも向いています!

 

以下は苗(地下茎の芽)の定植から収穫までのお手入れを解説。

 

苗(地下茎の芽)が宅急便で届いたら

苗(地下茎の芽)の性質:水分が多く、常温ではカビが出やすいです。

定植まで:荷物が届いたらすぐにビニール袋から出して、できるだけ早く(2、3日のうち)畑に植えるのが望ましいです。

仮植え:植付まで日数がある場合は、まとめて育苗箱やネットに入れ、軽く畑の土をごく軽くかけて埋めておくと保存ができます

 

苗(地下茎の芽)の定植

定植時期:3月〜5月末

土壌:日当たりと排水が良く、じゃがいもが良く育つ土壌が理想です。土壌酸度が高い場合は石灰を入れます。堆肥をすき込めば収量が上がります。

植え方:高さ30cm、幅90cmほどの高くて大きな畝を作ります。株間は60cmとやや広めに確保します。覆土は5cm程度です。雑草よけにマルチを張るのも良いです。

植付方法:育苗ポットに野菜用培養土か種まき用土を半分まで入れ、芽を置いて頭が1cm隠れるまで用土をかけ灌水します。その後は雨に任せつつ氷点下になる日は室内に入れます。

畝への移植:5〜6月に発芽します。4本葉が出たらポットの土ごと畝に移植します。葉が乾燥で縮れる前に灌水します。

 

お手入れと収穫

追肥:8月までに2回。鶏糞など有機肥料、または野菜用化成肥料を与えると育ちが良くなります。

真夏の潅水:乾燥に弱いため、葉が縮れてくる前に水をたっぷり与えましょう。

育成のコツ:8月の猛暑期に株元が日陰になるよう、早期育成を心がけます。

収穫:霜の降る頃(11月中旬)〜3月頃です。食べる分だけ掘出すと保存の手間も要りませんし、オリゴ糖などの養分抜けも防ぐことができます。

 

芋の保存方法

掘り出して乾燥させると、ほとんど日持ちしませんので、都度食べる分だけ掘り出しするのが望ましです。収穫後は冷蔵庫の野菜室で保存します。

苗(地下茎の芽)は地中に埋めて越冬させます。

 

その他ご参考

■ヤーコンの育て方、栽培資材等

家庭菜園.com「野菜図鑑」該当ページへ

■ヤーコンの料理レシピ

COOK PADの投稿レシピへ

▲ページトップへ