NEWS

2017/4/23
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に当農園の綿をご採用頂きました。

2016/7/2
店名が新しくなりました。

2016/5/31
連絡用メールアドレスが新しくなりました。

2014/5/14
IBS茨城放送「HAPPYパンチ!」に出演しました。

2012/2/27
Google+、facebookに対応しました。

2011/5/7
webサイトをオープンしました。


当店webサイトはリンクフリーです!

茗荷(みょうが)の苗(根株)

 

はじめに

畑や家庭菜園、プランターで茗荷(みょうが)を栽培してみませんか??
花穂は独特の香り、特有の紅色が魅力で、蕎麦、素麺などの薬味としてはもちろん、天ぷらや酢の物、味噌汁の具などにしてもおいしいものです。
夏が旬の野菜で、農家では山椒・ミツバとならび、果樹園・裏庭・屋敷林の木陰に、薬味として育てておく代表的な植物でもあります。
育てやすさと手軽さから、小さな家庭菜園やプランターでの栽培も注目されつつある野菜です!

・茗荷はショウガ科ショウガ属の多年草。
・春〜初夏にかけて出る若芽を「みょうがたけ」、夏〜初秋にかけて出る花穂を「花みょうが」として収穫します。
・野菜としては、食物繊維を多く含んでいます。
・名前については、大陸からショウガとともに持ち込まれた際、香りの強いほうを「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼んだことから、これがのちにショウガ・ミョウガに転訛したとの説があります。

茗荷(みょうが)についてもっと詳しく! ウィキペディア該当ページへ

商品紹介

・茗荷の根株は現在「販売中」です。
・数量限定のためお早目のご注文をおススメ致します。
【出荷時期】3月〜10月
【ご留意事項】海外へ持ち出される予定のお客様には検疫上の理由から販売致しておりません。

 

根株の販売

在庫状況
@茗荷(みょうが)根株

商品記号
[MY−1]


◆根株:7本単位=2,450円(〜19本@350円)
◆根株:20本単位=6,200円(20本以上@310円)
販売中

7株なら地植えで1uほど、プランターで2鉢が植付け目安です。

・根株は15cmほどの長さで、梱包はコンパクトです。
   
 

 

・茗荷は蕗(フキ)との混植がお勧めです。フキの大きな葉が茗荷の株間の雑草の生育を抑え、またお互いに競い合って育ちが良くなります。
・当農園では茗荷(みょうが)のほか、蕗(フキ)の根株も販売しています。ぜひ覗いてみてください!
蕗(フキ)の紹介ページへ

ご注文&ご予約

生育&発送サイクル

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

発送時期

(植付・移植適期)

生育状況   発芽・みょうがたけ収穫 伸長・花穂収穫(2年目以降) 葉枯れ 地下茎で休眠
予約 ご 予 約 は 周 年 可 能 で す

根株の発送は3月〜10月です。
冬季は凍土で根株の掘出しができませんので、ご了承ください。

 

ご注文・ご予約は以下のフォームに内容を記入し、メールまたはFAXにてお送りください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【茗荷の根株を注文/予約します】

■ご氏名:

■郵便番号:

■住所:

■電話番号:
(郵便局から代引き配送時に連絡が行きます)

■メールアドレス:

■種苗名:(例:@茗荷の根株)

■商品記号:(例:MY−1)

■数量:(例:7本)

■品代総額:(例:2,450円)

■連絡事項:

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メール info@tane4u.com

ご注文内容を確認後、代金引換金額(商品代金、配送料、代引手数料)をメールでご連絡致します。

 

FAX(専用) 0296-48-8355

受付時間:8:00〜18:00まで/夜間送信はご遠慮願います。

 

お支払い、配送について

・お住まいの地域までの配送料(600円〜)がかかります。
・お支払いは基本「郵便局の代金引換サービス」です。代金引換手数料(250円)がかかります。
・郵便振替(振込)でのお支払いを希望の方は、ご注文時にメールでお申し出ください。お振込確認後、通常の「ゆうパック」にて商品発送致します。※そのため商品到着までお時間はかかります。

栽培方法

茗荷(みょうが)は比較的強健で育てやすいことも人気の理由です!上手に日よけをすることで、プランターでも栽培できます。

 

以下は根株の定植から収穫までのお手入れを解説。

茗荷の特徴

ショウガ科の多年草。

半日陰を好み、暑さ寒さにも強い。

地上部は高さ50〜80cmで、冬季は休眠し枯れています。

たけのこ状の若い茎を「みょうがたけ」、花穂を「花みょうが」と言い食用にします。

 

根株の定植

茗荷は地下茎(長さ5〜10cm)を植え付けて殖やします。

7株なら地植えで1uほどが植付け目安です。

◆プランター栽培なら1鉢に3〜4株が植付け目安です。

植付け適地は半日日陰になる場所。湿気があり肥沃な土壌。

覆土は5cm程度。

◆プランター栽培には野菜用の培養土を買ってきて使用するのがお手軽です。

冬場の植付けは凍結と乾燥防止に敷き藁や落ち葉で覆います。

夏場の植え付けは、茎が伸びている場合1/3程度に切り詰めて植え付け、たっぷりと水を与えます。土壌に適応し、根が張り、地上部が再度伸びるまでの時間を要するため、収穫は翌年からと見ておいてください。

 

お手入れと収穫

植え付けると当面はそのまま収穫できますが、根茎が混み合って収量が徐々に低下するので、3〜4年に一度は適当な間隔で根茎を掘り起こし、株間を作るか植え替えをします。

高温・乾燥で生育が抑制されます。葉枯れする前に潅水をしましょう。

◆プランター栽培の場合、7月までは簀子などで日陰を作り、以降の猛暑期は鉢自体を涼しい日陰に移動してあげましょう。

春〜初夏にかけて出る若芽を「みょうがたけ」、夏〜初秋にかけて出る花穂を「花みょうが」として収穫します。

 

その他ご参考

■茗荷(みょうが)について詳しく

ウィキペディア該当ページへ

▲ページトップへ