NEWS

2017/4/23
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に当農園の綿をご採用頂きました。

2016/7/2
店名が新しくなりました。

2016/5/31
連絡用メールアドレスが新しくなりました。

2014/5/14
IBS茨城放送「HAPPYパンチ!」に出演しました。

2012/2/27
Google+、facebookに対応しました。

2011/5/7
webサイトをオープンしました。


当店webサイトはリンクフリーです!

彼岸花(曼珠沙華)の球根

 

はじめに

お庭や畑に彼岸花(曼珠沙華)を植えてみませんか??
群生して咲く姿は迫力があり豪華絢爛。また野辺に数本で咲く姿は季節が秋へと移ろう時期の“侘しさ”を感じさせてくれます。
もちろん鉢植えやプランターでも育てることができます。
埼玉県日高市の巾着田には22haの面積に100万本の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が咲き観光名所となるなど、彼岸花の球根は人気が高まりつつあります!

・赤の彼岸花「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」は山口百恵さんの歌でも有名ですが、その名は法華経などの仏典に由来し"天上の花"という高尚な意味を持っています。
・また地獄花(じごくばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)などの異名からもどこかミステリアスな雰囲気を持っており、美しい花姿と相まって見る人の想像力をかき立てます。
・晩秋の9月中旬に花を付けますが「花は葉知らず、葉は花知らず」と言い、開花時期には葉がなく、葉があるときは花がない、という珍しい特性も持っています。

彼岸花(曼珠沙華)についてもっと詳しく! ウィキペディア該当ページへ

商品紹介

・彼岸花は現在「販売中」です。
・数量限定のためお早目のご注文をおススメ致します!
【出荷時期】周年(開花期を除く)

 

◆当農園の彼岸花はご自宅用から公共事業まで幅広い納入実績があります!(環境保護団体/地域おこしNPO/フラワーパーク etc.)

類似品にはご注意ください!曼朱沙華と同じ赤い彼岸花でも、中国で大量生産・輸入販売されているリコリス・ラジアータは別物です。


球根の販売(彼岸花)

在庫状況
@赤の彼岸花(曼珠沙華)

商品記号 [LY−1] 販売中(お一人様100球まで)
◆20球=3,600円(〜49球@180円)
◆50球=8,000円(〜99球@160円)
◆100球=15,000円(100球@150円)

開花時期は9月下旬、その名のとおり9月20日の彼岸入り前後に咲きます。群生して咲く姿は迫力があり豪華絢爛。また野辺に数本で咲く姿は季節が秋へと移ろう時期の“侘しさ”を感じさせてくれます。

ご注文&ご予約

生育&発送サイクル

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

植付・移植適期

生育状況 休眠 茎・開花 葉期 休眠
発送・予約 発送・予約とも周年行っています

彼岸花の球根は強健です。
上記の植え付け最適期以外でも植付けできますので、周年発送可能です。(但し、厳冬期は耐霜対策は必要です)

 

ご注文・ご予約は以下のフォームに内容を記入し、メールまたはFAXにてお送りください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【彼岸花の球根を注文/予約します】

■ご氏名:

■郵便番号:

■住所:

■電話番号:
(郵便局から代引き配送時に連絡が行きます)

■メールアドレス:

■種苗名:(例:@赤の彼岸花(曼珠沙華))

■商品記号:(例:LY−1)

■数量:(例:20球)

■品代総額:(例:3,600円)

■連絡事項:

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メール info@tane4u.com

ご注文内容を確認後、代金引換金額(商品代金、配送料、代引手数料)をメールでご連絡致します。

 

FAX(専用) 0296-48-8355

受付時間:8:00〜18:00まで/夜間送信はご遠慮願います。

 

お支払い、配送について

・お住まいの地域までの配送料(600円〜)がかかります。
・お支払いは基本「郵便局の代金引換サービス」です。代金引換手数料(250円)がかかります。
・郵便振替(振込)でのお支払いを希望の方は、ご注文時にメールでお申し出ください。お振込確認後、通常の「ゆうパック」にて商品発送致します。※そのため商品到着までお時間はかかります。

栽培方法

・彼岸花は比較的強健で、難しい手入れが要りません!

 

以下は球根の定植から育成までを簡単に解説。

 

彼岸花の性質

花と葉:開花は9月。11月〜4月は葉があり、以降は休眠期間です。

植付・移植適期:球根の休眠期間が最適期ですが、これ以外でも開花期以外であれば植付できます。但し、厳冬期は敷き藁など霜対策をしてあげましょう。

開花率が低め?:彼岸花は他の花に比べると開花率は低めで2〜5割程度です。また大きい球根=開花球とも限らず、毎年同じ球根から開花するとも限りません。研究においても開花のメカニズムは未だ詳しく分かっていないのですが、特に分球が進んで球根が混み合ってくると開花率が落ちますので、掘り出して株間を広げてあげましょう。

 

定植の仕方:地植えの場合

地植えは管理も楽で丈夫に育ちます。

土壌:日当り・水はけ共に良く、有機質に富む土を好みます。

株間と深さ:15cmの株間、球根の3倍の深さに植え付けします。

植え方と肥料:良く耕して、元肥に緩効性(ゆっくり長く効く)肥料を混ぜる。

増やし方:球根は自然分球して増殖します。過密になってきたら手で分けて分植してもいいです。

 

定植の仕方:鉢植えの場合

用土:赤玉土(60%)+腐葉土(30%)+底に黒ボク土(10%)。

植え方:プランターなら1〜3球、15cmの鉢なら1球〜2球を球根の3倍の深さに植えます。

肥料:油粕を少々、野菜化成の玉肥を置肥するのも良い。

植え替え:2年経過で用土を新しいものに交換してあげます。

 

一般的なお手入れの方法

比較的強健なので、一度植え付けたらほぼ放任で構いません。混み合ってきたら植え替える程度です。この場合、掘り上げたら根が乾かないうちにすぐ植え付けします。

鉢植えでも2年毎に用土を交換してあげれば長く栽培できますが、できれば地植えにしたほうが生育が良いです。

生育が良くない場合、日当たりや水はけを良くするよう、環境を見直してあげてください。野生では河原の土手のやや砂質の土地でよく生育している植物です。

 

その他ご参考

■彼岸花(曼珠沙華)について

ウィキペディア該当ページへ

■リコリス類(ヒガンバナ属)について

ウィキペディア該当ページへ

▲ページトップへ